温効生姜 冷え症

温効生姜 冷え症

温効生姜で冷え症を改善しましょう~

お買い物情報 > 温効生姜 冷え症

温効生姜 冷え症

ひどい冷え症で、春になっても厚手の靴下が手放せませんでした。

冷え性の方に取って、特に冬場の入浴タイムほどリラックスできる時間はありませんね。
体の芯まで身体が温まると、体の緊張が一気に解けるような心地良さを感じるものです。
さて、冷え性には入浴が良いというのは耳にしたことがある人が多いかもしれませんが、ただ入ればいいと言う物ではないのです。

冷え性の場合、特に冬場は足先が冷え切っている事が多いので、取り合えずある程度温度が低めでなけれね入りづらいはずですが、一旦入ってしまうと、もっと熱いお湯にしたいと考える方がたくさんいるのではないでしょうか。

しかし、一般的によく言われるとおり、実は熱いお湯は冷え性の人にとってもあまり良くません。
冷え性改善の為には、血行を改善される事が重要な鍵となってくるのです。
熱いお湯に入っていれば、短時間で体の芯まで温まることはできますが、お湯から出て冷めれば元通りです。
また、熱いお湯だと体の芯まで温まる前に頭が熱くなりますので、出ることになりがちなになるかもしれません。

ですから、入浴でのんびり20~30分程浸かりたいと言われています。
出来れば浴槽内で足先のマッサージを行ったり、入浴剤を使ったら効果的でしょう。
それに、血行促進には、サウナ→冷えた水浴を繰り返すのも効果が期待できます。

ただ、肝心なのはお風呂から出てからです。
お風呂からあがる際に水を浴びると、一気に毛穴と血管が収縮するので湯冷めしにくくなるようです。
身体が冷える前にカーディガンを羽織る・靴下をはくなどして、湯冷めしないようにしましょう。

さらに体の中から暖めるのがとっても効果的です。
美容にもいい、女性のための生姜湯が、とっても効きました。


>>温効生姜オンラインショップ

温効生姜 冷え症 トップへ戻る