運動でコレステロールを減らす

運動でコレステロールを減らす

適度に運動をしないと、肥満になってしまったり、体力が衰えてしまったりします。運動で中性脂肪を燃焼するのに最適のサプリメントとは?

お買い物情報 > 運動でコレステロールを減らす

運動するとコレステロールは減っていく?

適度に運動をしないと、肥満になってしまったり、体力がなくなってしまいます。
運動は、コレステロールと大きく関連していると言われ、コレステロールをコントロールする為には運動が良いともいわれているのです。

そもそもコレステロールには、善玉コレステロールと悪玉コレステロールといった2種類があって、コレステロール値が高いと言われる状態の時には悪玉コレステロールが高いという状態に多々あるのです。
この悪玉コレステロールを減らすためには、ウォーキングや軽いジョギング、水泳、体操、エアロビなどといった有酸素運動によって、体内の脂肪を燃焼させることが効果的である方法だと考えられているのです。

また、有酸素運動を行ったら、悪玉コレステロールを減らすに限った事ではなく、善玉コレステロールを増やすと言う事もわかっています。
その上、善玉コレステロールを減らしてしまう働きをもつと言う中性脂肪を燃焼させてる効果もありますので、より一層、善玉コレステロールを増やす事が出来るようになるんです。

しかし、脂質(大きく分けると、単純脂質、複合脂質、誘導脂質などに分けられます)や中性脂肪(お腹についた贅肉はほとんどこれだといわれています。食べ過ぎによって増えるでしょう)は、一定時間以上の運動をしなけれねカロリーとして消費されないと言われておりましたが、時間に関係なくやっただけ消費されるということがわかってきました。

それに、コレステロールをコントロールするためには、この有酸素運動を継続させることも大切だと言えるのではないでしょうか。
ウォーキングやジョギングの他にも有酸素運動には、水泳、エアロビクス、体操、サイクリングなどがあって、これらの有酸素運動を行うことでコレステロールを下げるとともに、心肺機能の強化や体力向上もはかれます。

コレステロールを減らしたい時には、適度な有酸素運動を継続することと、それを補助するサプリメントの併用で効果的に行ってみては?


中性脂肪を減らす秘密とは…?!